伝えきれない想いを、いけばなにのせて。




八代流(はちだいりゅう)は、江戸時代に名古屋で立ち上げた、いけばなの流派です。
格式のあるいけばなから、日常生活に寄り添ういけばなまで
様々ないけばなを楽しんでみませんか?

#八代流instagram

流   歴



八代流は、流祖・橘湖斎白龍(早野兵蔵紀泰光)が、足利八代将軍義政公(1436~1490)の教えの道を研鑽し、1775年に八代流を興して初代家元になりました。 以来、家元14世をかぞえ伝統ある花の奥義を極め、精神を修養し、人格の向上をめざしています。 伝統的風格、品位に充ちた生花(せいか)と、感性豊かな自由花を中心に暮らしに夢を盛り込む花創作も多く、名古屋に生まれて240有余年の流暦を誇っています。



過去の主な展示作品



   

基本の花型


立華(りっか)

万年青(おもと)をこの型でいけあげます。格の求められる場所や、床の間に飾ります。

生花(せいか)

神社仏閣での献花時や、床の間などに飾る、古典的な手法でいけるいけばなです。

自由花(投入・盛花・創花)

花器の選び方や、鑑賞するときの視点に注意しながら、その場所の雰囲気に応じていけるいけばなです。

心花(ポケットフラワー)

日常の生活空間に合わせたスタイルで、身近で気軽に楽しみながらいけるいけばなです。

体験教室のご案内



毎月第2日曜日(変更になる場合もあります)に、八代流の中の輝友会というグループが家元による勉強会を実施しています。この時に、どなたでも参加できる体験教室も併会しています。
1月から12月までの基本的なお稽古内容を掲載しています。お気軽にお問い合わせの上、事務局(jimukyoku@hachidai-ryu.com)までお申込みください。

1月

《生花》葉蘭 《自由花》盛花

2月

《生花》柾 《自由花》創花

3月

《生花》‍二重切 《自由花》心花

4月

《生花》利休梅 《自由花》盛花

5月

《生花》銀梅花 《自由花》投入

6月

《生花》擬宝珠 《自由花》△投入

7月

《生花》杜若 《自由花》創花

8月

《生花》二重切 《自由花》盛花

9月

《生花》クルクマ 《自由花》投入

10月

《生花》菊 《自由花》創花

11月

《生花》水仙 《自由花》創花

12月

《立華》万年青 《自由花》盛花

お問い合わせ


jimukyoku@hachidai-ryu.com


Your message has been sent. Thank you!

© Copyrights 八代流(hachidai-school). All Rights Reserved

Created with Onassis template by TemplateMag